盗難騒ぎ

妻からの電話。
「お寺さんが泥棒の被害にあって、仏像を盗まれた」



なんてことだ。
我々の近所(キャンディの家ね)のお寺さんは、王様が居た頃からある古いお寺。
設立年度を表示したプレートもあったのだけれど、いつなのか覚えていない。
まぁキャンディ王朝が終焉を迎えた1815年から考えたとしても200年の歴史が、少なくてもある。
本堂には木製の仏像や神々の像が安置されていたわけですが、それを盗まれたらしい。
私はこれらの像が大好きだった。
非常に残念。


監視カメラとか付けてなかったからなぁ。


お坊さん、泣いて悲しんだそうです。


どれぐらいの被害が有ったのかはまだ良くわからないけれど、恐らくカメラを設置することになるでしょう。
カメラ一台数千円、それらの配線とモニターやら何やらで数万円は必要。
「全部は出せないけど、一万円ぐらいだったら出しても良いからね」と奥さんには伝えた。
いつもお世話になってるから、これぐらいは協力しなければ。


それにしても罰当たりな奴らが居たもんだ。
骨董品屋に売れば良いお金になるんでしょう。
日本でもこの種の犯罪は多くて、一時期ニュースに頻繁に登場してましたね。
国宝だか重文だかも結構盗まれてます。
重要文化財は管理義務が発生し、そのためのコストが非常に掛かるので、下手に指定されてしまうと持ち主が破産する場合もあると聞いたことがあります。


スリランカで重文指定のようなシステムがあるのか知りませんが、仮にそういった管理義務のようなモノがあるのなら、そのコストは国なり自治体なりが持つべきでしょうね。
でなければ、グズグズと準備に手間取っているうちに盗まれたりしそうですから。


今日も午前中は停電でした。
いつまで続くのか。
ニュースでは、ある程度は復旧して発電量が確保できたが全土をカバーするのは厳しいと言っていた。
なので地域によっては停電が継続する場合もあるとのこと。
そこに我々の地域が当てはまったわけだ。
夕方の停電は一時間ぐらいで済んだし、多少改善しつつあるのは確か。
一時間で済んでラッキーだと思ってしまう当たり、かなり慣らされてるなぁ。


今週の土曜日は我々の結婚記念日。
キャンディで過ごします。
そして日曜日は妻の誕生日。
月曜からコロンボのキャンパスで実習を受けるらしく、日曜日は移動日。
二人でゆっくりとは行かないようですが、何らかのお祝いをしたいなぁと思っている。
土曜日に仕事終わりでニゴンボの漁港に行って、魚でも買って帰ろうかな。