受精卵移植

三回目の挑戦。


妻がコロンボに行っている。


三回目の体外受精
さすがに三回目ともなると、妻も慣れてきたようで「あなたは来なくても良いです」と。
休みを取ろうかと思っては居たのですが「必要ない」と。


そうは言っても「不安だろうし」と思ったのですが、「来てもやることない」と言われました。


でしたら、週末に会いに行きますので。

8年目

あれから8年。


当時もスリランカに居た私。


途切れがちのインターネットのニュースを、必死で見てた。


こういった災害とか大事件があった時に、別の場所に居たということが与える影響。


表現が合っているか微妙なんですけど、なんというか当事者意識の欠如みたいな感じ。
蚊帳の外みたいな。


9・11のときもグァテマラの田舎に居て、ニュースがリアルタイムで届いて来なかった。
それによって、どれほど深刻な状況だったかを三ヵ月後に日本に帰ってきてから知る事になった。
その時になって初めて、航空機がビルに衝突する動画を見たのです。


それに比べれば、ある程度はリアルタイムで震災の情報は得ていたし、自分の祖国ですから。
当事者意識はある。
でも、実際に被災した訳でもない。
地震の揺れを感じた訳でもない。
計画停電を体験したわけでもない。


そんな状況で、当事者意識を持つのは難しいし、逆に「お前は違うだろ」と言われそうで、この話題には入りづらい。


日本では、今日も色々とニュースや特集がテレビで組まれたと思います。
それも、今の私にはリアルタイムでは届かない。


こうして少しずつ記憶が薄まっていくのかな、と思ってしまう。

一対一

サッカー。


来週が送別サッカーなのですが、その予行練習という感じで紅白戦三昧。


凄く気持ちの良いパスを、中盤が出してくれるので、何度か良い感じでセンタリングをあげる事ができた。
点に繋がったのは一回だけですけど。


それよりも、最後の最後。
我がチームのゴール前にボールがある状態で、ラストワンプレー。
敵チームはキーパーを残して全員が我々のゴール前に。


センターライン際に残っていた私。
味方がボールを奪取。
オフサイド無いよ!!」と叫んだ私に、絶妙なパス。


キーパーと一対一だ。


結果は、難なく止められるという、最悪の結末。


走ってきた味方に戻せば良かったのかな。
でも、行けそうな気分だったんだよね。

送別会@ピーチバレー

「悪夢のピーチバレー」から幾年か。


久しぶりにやった前回の送別会も、皆がビビッてしまって結果大人しかったという感じで終了。


それに安心してか、今回もピーチバレー。




色々あって、送別対象者は全員記憶を飛ばすという。


やはり、個室は怖いね。

納豆の在庫

二週間前にバンコクで購入した、三個入り×3=9個の納豆が、残り三個。


日本でなら一日二個ぐらい食べるところ、不必要に食べない事を心掛けていても、週に三個ほど食べてしまっている。
冷凍してあるから悪くならないし、急いで食べる理由は無い。


ただ単純に食べたいだけ。


ということで、納豆はギリギリまで我慢しても、再来週の頭には終了。


あっという間でした。

看板の女性

現場の近くにある看板なんですが、宝石屋さんのものかな?


大きな宝石の付いた指輪を左手に嵌めて、うっとりと見つめているという演出。


女性はノースリーブの衣装を着ていて、腕は素肌が見えている。
綺麗な肌なのですが、看板の貼り方?張り方?


キャンバス地に皺がよっている為、なんか二の腕がしわしわの女性に見えるんですよね。




どうでも良い話でしたね。

汗だく

最近、暑いっすね。


現場で立っているだけでダラダラと汗を掻くほど。
今流行の言葉で言えばデトックスですか?
最近、聞かないけど。


昨日から筋トレを再開した。
右手首の不調が回復したのでね。


一ヶ月ぐらい休んでたので、やはり筋肉が落ちてますね。
扱える重量は、限界値ギリギリに設定している訳ではないので、重くて持ち上げられないという事は無かったのですが、回数が落ちましたね。


昨日の測定では、60.2kgで体脂肪率16.8%。
1/17に18.6%。
1/30に17.4%。
3/5の今、16.8%。


1/30は体重60kgで17.4%なので、体脂肪が落ちて、替わりに筋肉が増えている事は間違いない。
こう言った成果が目で見えるという状態は、モチベーションの維持にとっては非常に大事。


継続あるのみ。