経済への影響

コロナ19による経済への影響が大きくなってきましたね。


ドル円も一時112円台。
リスクオフで普通なら円高に成りそうなものですが、アメリカの株が高くてドル高維持。
ゴールドは高値が続き、こちらは完全にリスクオフ。


ゴールドが高いときは株価が下がるのが普通。
混迷してるなと思ったら、今日になってアメリカの株価も日経平均も大幅下げ。


世界同時株安。
イタリアで大量に感染者が出たし、陸続きで域内での移動制限の無いユーロは恐怖のドン底。
ヨーロッパも株安です。


道路を歩いてて「コロナ」と言われる事も減った。
飽きっぽいスリランカの性質がここでも見えてきます。


オリンピックの開催もどうなるか分からないし、それに合わせた投資も大規模にやってきた日本。
開催されないとなると、期間限定の減税措置が終了する春以降、消費の落ち込みがもう一弾日本を襲うし、大変なことになりそうですね。

鶏団子

外食ばかりだと胃が疲れる。
鶏団子の鍋が食べたいというリクエストが来たので、本日の夜は博多風水炊きで。


コルピティヤで鶏ガラとモミジ購入。
これで白濁スープを仕込む。
野菜はキャベツ、ニンジン、カンクン
エリンギを見つけたので、それも。
もも肉と団子用にひき肉も。


スープが白濁するまでが時間掛かるけど、鍋は調理が楽で良い。

偶然の再会

明日の朝イチからコロンボで仕事があり、それに合わせて今日のコロンボ行きとなった。


焼き鳥が満席状態だったので、バーバリアンに。


食事もほぼ終わる頃、後ろから声を掛けられた。
協力隊時代の先輩でした。


仕事でコロンボに来ているのは知っていたのですが、予定が立たなかったので今回は連絡をして無かった。
なので、こうして会えたのは本当に偶然。
今日コロンボに来なかったら会えてないし、焼き鳥が満席でなければ会えてない。


本当にビクッリ。

メイドさんの料理

久しぶりにバンダーラウェラの宿舎でスリランカ料理を食べた。


うちのメイドさんは料理上手。


2018年の年末、妻が泊まった時も二人で美味しい美味しいと言って食べまくった。


ただ、日本食の作れるシェフが居るので、正直スリランカ料理をここで食べる機会は少ない。


今日は軽くトーセを食べたのですが、カリカリフワフワで最高。
一緒に出てきたサンボールも美味しいし。


たまには良いな。

シーズニング

コロンボの友人がスキレットを買った。


それ自体は良いのですが、彼の家のコンロはIH的なやつなので、シーズニングが出来ない。
いや、出来るのかも知れないけど、天板のガラスが割れるんじゃないかと言うことで、ワタシが持ち帰ってする事に。


今日、それをやりました。
バンダーラウェラでね。
持ち手の部分は、敢えてシーズニングせずに防サビ塗装を残す。
これで錆びてくるようならまたシーズニングすれば良いのです。


一つ言うと、自分の家用に買ったフライパンのシーズニングはまだ出来て無い。

日差しの強さ

ナーワラピティヤに泊まる。


昼間の暑さのせいでしょうね。
部屋に熱がこもってて、夜中まで寝付けない。


でもその代わり、ソーラー温水は熱湯かってぐらいに熱かった。


うちも増築したら設置したいと思う。