利益分配

大きな話題になってますね。
吉本興業の話です。


本質の話は「反社会勢力と知らずに営業を行い、その報酬を受けていたにも関わらず嘘をついた」という事。
コンプライアンスの観点から言えば、会社をクビになったとしても文句は言えない状況だと思う。
その裏に会社からの圧力や、利益分配の不満、古くからの慣習などがあるだけで、それは社内で解決すべき問題。
ただ、テレビ局が吉本興業の株主になっているという構造は不健全な気がするし、吉本自体が反社会勢力からスポンサー料を受け取っていた可能性については追求するべきかと思う。


まぁ、そのあたりは置いといて、話題になっている従業員(芸人さん)との利益配分について考えてみた。


以前、日本で営業の仕事をしていた頃の話。
その会社では、低めに設定された(生活は可能なレベルの)基本給と、自身で売った分の営業利益の10%という、二本柱の給与体系が設定されていた。
100万円分を売り上げたとしたら、粗利で数%。
そのまた10%が受け取れるので、数千円の連動収入という感じですね。
勤続数十年のベテランやり手社員とかの場合は売上高が大きいので、莫大な収入が望めると思っていたが、そうではなかった。
あるベテランさんは、昔からの常連で他社に鞍替えしないと予想される販売先の数量は、査定から除外されていた。
また、新たに売り込みを必要としない(全ての仕入れ物品を我が社から購入している)販売先は、新人がルート営業する事にして、その利益の一部を新人に付けていた。
こんな感じに臨機応変な対応をした結果、新人でも生活が出来るレベルで給与を手にする事ができるし、ベテランさんも年収で1000万を超えるレベルの収入が期待できた。
給与としては上手く行っている感じでしたが、仕事としてはどうか?
ベテラン先輩社員の営業先にルートで廻らないとならないので、自分の営業活動の時間が制限されるのはデメリットの一つかな。
先輩のお客さんですから、気疲れするし。
でも、仕事を覚えるにはいい経験になるのも事実だし、僅かとは言え「おこぼれ」にも与れる。


総じて、うまく廻っていると感じていました。


これを吉本興業の6000人で廻すとしたら、どうでしょう?
月に一回ほどしか仕事がないような芸人さんに、生活できるかどうかギリギリの収入を保障。
仕事で入った収入は折半。
仕事が定期的にあるけれど、単価の安い芸人さんにも、同じ条件で良いでしょう。
テレビでちょこちょこ見るようなレベルになって、仕事の単価があがってきたら芸人さんの取り分を4割に再設定。
ほんとの売れっ子芸人さんになったら3割でオファー。
彼らが会社と若手を支えていく構造ですね。


3割の分配に不満を持つ人気芸人さんも出るでしょう。
そうであれば、独立なり移籍なりは自由。
しかし、その場合は移籍金のようなものを設定する必要があるかもですね。
前年の、その芸人さん単体での売り上げをベースに「○年分」とか?


個人で取ってきた仕事は、税務処理とかを吉本に依頼する形にして事務手数料を払う形にすれば良い。
そうすれば反社会勢力が関わってくるリスクも、ある程度は管理できるし、脱税問題もクリア。
芸人さんのモチベーションや収入も維持できる。


これで、吉本側が無制限に芸人を受け入れる事も出来なくなるだろう。
売り上げの振るわない芸人を解雇できるという事であれば、芸人さんも「最低限の生活は出来るし・・・」という状態を続けていくことは出来なくなる。
バイトに明け暮れてネタが作れないなんていう本末転倒な状態も改善できる。


今の時代、これぐらいのことは可能だろうし、やらないと「ブラック」と言われるでしょうね。
ただ、個人事業主の集合体のような吉本興業でこれが出来るかは別の話。
厳しい下積み時代のネタが、芸人さんの十八番になっている事実もある。
「こんな(生活を保障した)制度にして、面白い芸人が育つのか?」という疑問も確かにある。


この数十年で、様々な業界で制度改革が行なわれてきた。
それぞれの立場によって「改善」なのか「改悪」なのかの判断は分かれることでしょう。
芸能の分野でも、遅まきながら制度改革の波が起き始めたという事かもしれない。


以上、机上の空論でした。

お粗末なセキュリティーチェック

日本から職人さんが一人、スリランカに戻ってきた。
そのまま職場に行く事も可能でしたが、移動疲れを考慮して、コロンボで一泊する事に。


値段が安くなっていたのが理由としては大きいのですが、シナモングランドに宿泊してもらう事に。


4/21のテロで標的にされたホテルの一つです。


我々もテロ後に宿泊していますし、食事なんかでも利用しているので、安全面では問題ないと思っている。
ホテルに入るのに、セキュリティーチェックもしてますし。


そう説明したのですが、見てるとかなりいい加減ですね。


まず、手荷物のエックス線通過はしていない。
スーツケースなどは中身を見せなければなりませんが、小さなカバンなんかはトレーに乗せて横からパスするだけ。
ボディチェックは一応ゲートを通るのですが、アラームが鳴っても特に念入りにするわけでもなく、女性に関しては素通り。
女性の軍人さんが居るのに、なぜボディチェックをしないのか?


ホテルに車で侵入する際も、知った顔であれば顔パス。


今回、一度ゲートを通った後に、車内に荷物を忘れた事を思い出し、取りに戻った。
再度ゲートを通過しようとすると「あなたは、さっき通ったよね?」と言われ、そのまま通過。
荷物増えてますけど、それはチェックしないの?
爆発物をポケットに入れて戻ってきた可能性とか、考えないの?


実際に被害に遭ったホテルがこのレベルなのですから、あとは推して知るべし。

久しぶりにカジノ

7時に宿舎を出て、コロンボに。


検診の予約時間が12:30と13:00に分かれてしまっている。
どちらにしろ終わるのは14:30頃になるので、先に昼ご飯を食べることに。


山にはマクドナルドとか無いので、あと時間の余裕もあまり無いのでマックに決定。
その後、隙間時間でジャランカで食材やお菓子の購入。
そして検診。


何事も無く終了してホテルに。




晩御飯はTGIFでステーキを食す。
美味いね。
この歳になると赤身肉のステーキが嬉しい。
脂が強いとクドくて食べられ無いので。


その後、職人さんたちのリクエストでカジノに。


二年ぶりぐらいのバリーズでしたが、随分と儲かってる感じですね。
以前はフロアに何も設置されていないスペースがあったのに、今ではそんなスペースは皆無。


スロット台も置いてあった。
スリランカは禁止だった気がするんですけど、法律が変わったのかな?
それとも、機械任せではない何か特別なスロットなのかな?
あと最低ベットが200ルピーに。
気楽に遊べないっすね。


まぁ今日はお付き合いですし、少しだけ遊びました。
10000ルピーほどプラスになったところで切り上げて、お先に失礼。


負けないで良かった。

暴風雨

凄い雨と風。


そこいらで木が倒れ、道路が封鎖。
冠水している地域もあるようだ。


今日はナーワラピティヤに泊まっているけれど、トタン屋根に打ち付ける雨の音がうるさくて話もできないほど。
土砂災害が心配。


明日は職人さんたちとコロンボに行く。
ビザ更新用の検診です。
道路の封鎖が心配なので、ちょっと早めに宿舎を出ます。

Fアジアの日程が決まった

毎年一回、アジア各国に駐在している日本人サッカー部を集めてフットサルの大会が開催される。
Fアジアです。


今年もコロンボチームは参加します。


その日程連絡があった。
今年は11/16。


エアチケットとホテルを予約せねば。

会計書類

しばらく放置していた我が社の会計書類の片付け。


会社設立以来、四回ほど会計年度を迎えたわけですが、ずっと赤字。
そうゆう風に設定しているので問題ないんですけど。


BS、P/L、Cash Flowをいままでと異なる会計ソフトを使って作成しようと思ったのですが、ちょっと頑張ればエクセルなりスプレッドシートで作れるよなと思って、移行中。
セールスインカムと給与、家賃。
それぐらいしか勘定項目がないので、会計ソフトを使うと逆に面倒なんです。


久しぶりの計算ソフト、頑張ります。